新卒入社一年目手取り13万で約700万円のローンを組んだ男のブログ

一人暮らしで手取り13万。なぜ私が700万のローンが組めたのか? 時計や車や節約ネタを主に書いてあります。

速報 2019 バーゼル ロレックス新作 126710BLNR バッドマンはジュビリーブレスになって登場!!

さてついに待ちに待った、ロレックスの新作が登場しましたね!

 

 

 

やはり注目はスポーツモデルのステンレスですね!!!

 

 

 

 

中でもGMTマスター2のバッドマンが廃盤になると噂されていましたが生き残りました。

 

 

 

なんとジュビリーブレスになって登場しました!!!

 

 

 

 

f:id:tin534:20190321014553j:image

 

 

 

これはカッコいいですね!!

 

 

 

 

ジュビリーブレスはスポーティーな中にもラグジュアリーさがうまく融合されてめちゃくちゃカッコいいです!!

 

 

 

 

f:id:tin534:20190321015018j:image

 

 

 

これは…欲しい!!

 

 

 

 

国内定価は950400円です!

 

 

 

 

24時間目盛りのブルーとブラックのセラミック製セラクロムベゼルを備える両方向回転ベゼルを搭載したオイスター パーペチュアル GMTマスターⅡの新モデル。

 

 

f:id:tin534:20190321015455j:image

 

 

 

 

以下ロレックスホームページ引用

 

 

ケース オイスター、40 mm、オイスタースチール
構造 モノブロックミドルケース、スクリュー式裏蓋、リューズ
直径 40 mm
素材 オイスタースチール
ベゼル 双方向回転、24時間目盛り、ブルー/ブラック セラクロム、数字と目盛りの刻印
リューズ スクリュー式、トリプロック(三重密閉構造)
クリスタル 傷防止サファイア、日付表示部にサイクロップレンズ
防水性能 100 m/330 フィート防水

ムーブメント パーペチュアル、機械式、自動巻、GMT機能
キャリバー3285、ロレックスによる完全自社製造
精度 日差 - 2 ~ + 2 秒(ケーシング後)
機能 時針、分針、秒針。24時間表示。第2タイムゾーン表示、独立した時針で迅速に設定。瞬時に変わる日付表示。秒針停止機能による正確な時刻設定
自動巻 パーペチュアルローターによる両方向自動巻
パワーリザーブ 約 70 時間

ブレスレット
ジュビリー(5 列リンク)
ブレスレット 素材 オイスタースチール
クラスプ セーフティキャッチ付オイスターロック、イージーリンク(約 5 mmのエクステンションリンク)
ダイアル ブラック
その他 クロマライト ディスプレイ (青色発光の長時間継続ルミネッセンス)
認定 高精度クロノメーター (COSC、ケーシング後にロレックス認定)

 

 

 

両方向回転24時間ベゼル


従来の時針と分針、秒針に加えて、GMTマスターⅡには24時間でダイアルを一周する矢印の形をした針と、両方向回転の24時間目盛り入りベゼルが搭載されている。この24時間針には目を引く彩色が施され、1つめのタイムゾーンの時刻(例えば基準時刻となるホームタイム)をべゼル上の目盛りで読み取ることができる。。滞在地におけるローカルタイム(現地時刻)は、リューズを回し、時針を1時間ごとにジャンプさせるという独創的なメカニズムにより容易に設定することができる。時針は分針や秒針から独立して、両方向に動かして調整することが可能である。このような手順により、正確な計時に影響を及ぼすことなく、新たなタイムゾーンを設定することができる。

 

 

ジュビリーブレスレット


ロレックスのブレスレットやクラスプの設計、開発、製造、そして製品に課される厳しい試験には、最先端のハイテク技術が活用されている。また、すべての時計の部品と同様に、人間の目による照査によって、完璧な美しさが保証されている。ジュビリー、 しなやかで快適な5列リンクの金属のブレスレットで、1945年にオイスター パーペチュアル デイトジャストの発売に合わせて特別にデザインされた。

 

 

 

 

 

 

 

 

これでGMTマスター2のステンレスはペプシとバッドマンの2種類になりました。

 

 

黒がないのは少し寂しいですね。

 

 

 

 

しかしまあ黒だとサブマリーナとぱっと見変わらないですからね!

 

 

f:id:tin534:20190321015842p:image

 

 

 

GMTマスター2は少しポップな路線で行くのも良いと思います。

 

 

 

 

 

それにしてもデイトナ…正規店で購入できるのはいつになる事やら。

 

 

カテゴリ