新卒入社一年目手取り13万で約700万円のローンを組んだ男のブログ

一人暮らしで手取り13万。なぜ私が700万のローンが組めたのか? 時計や車や節約ネタを主に書いてあります。

ついにロレックスデイトナ並行輸入品で320万円以上の超プレミア価格に…

ロレックスデイトナ116500LNの白文字盤がついに並行輸入品で320万円の大台に乗りました。今回はロレックスデイトナについてブログを書いていきます。

 

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

デイトナとは

ロレックスデイトナは1963年に誕生しました!

 

 

正式名称は意外に知られていなくて

 

オイスターパーペチュアル コスモグラデイトナといいます!

 

 

 

1963年に誕生したデイトナはドライビングとスピードに情熱を捧げる人々の究極の実用時計です!

 

 

プロのカーレーサーのニーズに応えるように設計されました。最高のパフォーマンスを求めるモータースポーツの世界に、永遠の、そして真のアイコンが加わりました。誕生から50年以上経ってもなお、スポーツクロノグラフにおける比類なき存在として君臨し、時間を超越し続けています。

 

スペック

【ケース】40mm

【素材】オイスタースチール

【ベゼル】ブラック セラクロム

【リューズ】スクリュー式、トリプロック

【クリスタル】傷防止サファイア

【防水】100mm /330フィート防水

【キャリバー】4130

【精度】日差−2〜+2秒

【パワーリザーブ】約72時間

【ブレスレット】オイスター3列リンク

 

 

 

 

 

デイトナが20億で落札!?

 

f:id:tin534:20190618212225j:image

出展https://gqjapan.jp/watch/news/20171030/paulnewman-daytona-world-record

 

 

2017年10月26日にニューヨークでデイトナが競売にかけられました。

 

その落札額がなんと20億でした!!

 

 

 

なぜそんなに高く売れたのか!?

 

 

そのモデルは1963年に登場した最初のコスモグラデイトナです。ほんのわずかな期間のみ生産されたとても稀少性が高い時計でした。

 

 

世界で約2000本くらいしか生産されてないだけでも希少ですが、ポールニューマン本人が着用していたというステータス性も加え、かなりのプレミアになりました。

 

 

時計愛好家だったプロのレーサーであるポールニューマンはデイトナをとても気に入っていたので、オンオフでこの時計を着用しているのをしばしば目撃されています。

 

 

しかし1984年頃から彼は突然デイトナを付けなくなります!!

 

 

ファンの間では紛失したか、壊してしまったのかなどと推測しました。その後も着用する事はないまま、2008年にポールニューマンはガンで亡くなってしまいました。

 

 

真相は闇の中へと消えてしまいました…?

 

 

 

 

このことからニューマンが実際に着用していたデイトナ

 

 

「消えた伝説のロレックス」

 

 

と言われるようになり、幻の時計として崇めれました。

 

 

 

 

しかしその後、なんとデイトナは見つかりました!!

 

 

実はポール・ニューマンの娘であるネル・ニューマンの当時のボーイフレンドであったジェームズ・コックスへ譲っていたのです!!

 

譲り受けたジェームズ・コックスは現在まで保管していましたが、娘のネル・ニューマンが「ネル・ニューマン財団」を立ち上げることをキッカケに、この時計をオークションに競売にかけることになりました。

 

 

 

一度は紛失してしまったとされた、ポールニューマンのデイトナが、数十年もの時を経て現代に蘇ったのです!!

 

 

 

その結果は当初の予想を遥かに超える超高額入札となりました。

 

 

最終的に腕時計史上最高額となる約20.3億円【1,775万2,500ドル】で落札されました!!

 

 

 

 そうなると誰が落札したのか気になりますよね!?

 

 

このオークションには世界各国の資産家が参加していました。ですが最終的には電話で参加していた匿名の人物が、なんと開始僅か12分後に落札したとフィリップ社から発表されています。

 

 

いったいどんな人物なのか気になりますね…

 

 

 

現在の相場

 

デイトナの定価は1,274,400円です。

 

 

しかし並行輸入品ではついに大台の300万越えの…

 

f:id:tin534:20190618211218p:image

 

なんと3,216,240円!!!

 

 

しかも驚きなのが、この値段でも商談中のタグが…

 

 

なんと+1,941,840円!!!

 

 

 

軽く2倍越え…

 

発売当時はいきなり200万越えのプレミア価格で、世間を賑わせましたが、それがわずか数年で320万まで値上がりするとは思いもしませんでした…。なので発売当時にプレミア価格で購入した人はかなり得しましたね!!

 

まあ定価は127万円なんですけどね…

 

 

私も発売当時で200万越えのプレミア価格の時は、出たばかりだし…半年もすればいずれ値下がりするだろ…価格が170万くらいまで落ちてきたら購入しようかなと考えていました。

 

しかし価格は下がるどころか、どんどん上昇していきました。

 

 

気づけばあっという間に250万ほどに…。

 

これはもう今後下がることはないから、今のうちに買っておこうと思うが、なかなか踏ん切りがつきませんでした。だって冷静に考えてみれば定価127万円の時計に、250万円払うのはバカらしい…

 

250万だせば他に良い時計はいくらでも買えます!!

 

 

この時あたりからデイトナは定価で購入しようと決意しました!!

 

 

正直、今でも中古で280万ほどで購入しちゃおうかな……と誘惑に負けそうな時はあります。しかし、せっかくデイトナを正規店で購入するために4年勤めた会社をやめてまでデイトナラソンに専念することを決めたので絶対に負けられません!!!

 

 

 

 

 

しかも驚きなのがデイトナに限らず…

 

GMTマスターIIことバッドマンやペプシ・サブマリーナ116610LVことグリーンサブも200万の大台に乗りました!!!

 

 

それだけでなく他のスポロレも全てありえないほどのプレミア価格で販売されていました!!

 

 

100万以下で買えるスポロレはもうほとんどありません…。

 ほんと凄い時代になりましたね!!

 

 

でも夏のボーナス前や、増税前にはもう少し価格が上昇しそうですね!!

 

 

案外、数カ月後には320万円でも買っておけば良かったと思う人が出てきそうですね。

 

 

次回それらのモデルを紹介していきたいと思います。